糖尿病性腎症,食事,宅配

糖尿病0004

数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事でありヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、日々の献立づくりの幅が広がります。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。食後は特別、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。野菜から先に食べる食事法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、その状態が継続、悪化してしまうとゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、全ての生理機能には日内リズムがあって、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して調査する新しい研究分野です。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。仕事で時間が取れなくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってください。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。3食バランスよく食べて、ご飯の量を減らすことが重要です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと大抵の患者さんは捉えます。でも、もし糖尿病になってしまっても、大抵の食べものを摂ることができます。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というわけではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を照らし合わせながら実践することが重要になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、考えを改めることはなかなかできません。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、自覚症状のない時から出てきます。糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンに異常が見られ、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、健康的な心とからだを保ち、満たされた人生を送れるように努めることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。


メニュー