糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート

糖尿病性腎症に関連する情報を探している方でしたら、糖尿病性腎症宅配食について詳しく書いている当ウェブサイトをご覧ください。まだ一般的に認知されていない糖尿病性腎症の情報を、どんなウェブページよりも詳細に把握することができます。
ホームボタン
身近な病気『糖尿病』

身近な病気『糖尿病』

日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

自覚症状のない病気の場合は、そう考えるのも無理はないです。

ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、病状が顕著になり始めます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。その結果、血糖値の上昇へとつながります。

特に食後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

併せて、白ごはんや麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。

糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンがうまく働かなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、病気に縛られない普段の生活や人生を謳歌できるよう努めることです。

さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満足したりするからです。仕事で時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。

食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってください。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。

体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」に大きく左右されます。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。

聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。

「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて調査する新しい研究分野です。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を少なくすることが大事です。

若い人が好むラーメン定食やラーメンチャーハンセットが一番不適切です。同様にかつ丼と天ぷらそばセットなども好ましくありません。

要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。

糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。

そしてご飯は半分残しましょう」と、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。

さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。日常的に食品交換表を利用することで、献立への迷いも払拭できるでしょう。

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんが多いと思います。

ところが、糖尿病になったからといって、食べられる食品はたくさんあります。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを意識することが目的となります。

この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、そのことが悪化の原因となってしまい多くの合併症の引き金になります。

2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

Copyright (C) 2014 糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート All Rights Reserved.