糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート

糖尿病性腎症に関連する情報を探している方でしたら、糖尿病性腎症宅配食について詳しく書いている当ウェブサイトをご覧ください。まだ一般的に認知されていない糖尿病性腎症の情報を、どんなウェブページよりも詳細に把握することができます。
ホームボタン
糖尿病の治療に食事療法は必須

糖尿病の治療に食事療法は必須

一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと想像している患者さんが多数だと思います。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。

根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてください。

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。

そうした食品交換表を参考にすることで、献立への迷いも払拭できるでしょう。人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。

血糖値の上昇につながる原因の一つです。

とりわけ食事の後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

まずは野菜から食べるといった食事法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。

しかし、糖尿病の境界型になると、病状が顕著になり始めます。

上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが血中での異常な変化を示すことは、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」に大きく左右されます。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。

栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のタイミングと役割に関して新しく研究する分野です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、白ごはんは少なめにすることが重要です。

若年層が好むラーメン定食やラーメンチャーハンセットは最も避けなければなりません。当然かつ丼と天ぷらそばセットなども良くありません。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食と白ごはんの摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

いくら仕事が忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。

糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。

腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがうまく働かなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、健康な人と同様に活動的な日常生活や充実した人生をおくるようにすることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

Copyright (C) 2014 糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート All Rights Reserved.