糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート

糖尿病性腎症に関連する情報を探している方でしたら、糖尿病性腎症宅配食について詳しく書いている当ウェブサイトをご覧ください。まだ一般的に認知されていない糖尿病性腎症の情報を、どんなウェブページよりも詳細に把握することができます。
ホームボタン
糖尿病を治療せずにいると合併症を引き起こす

糖尿病を治療せずにいると合併症を引き起こす

糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値を調節するホルモンに異常が見られ、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好な調節状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を回避することができ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、人生をたのしみながら送れるようにすることです。

食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかもしれません。

でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられないものは何もありません。

普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。

上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。

一日三度の食事をバランスよく摂り、できるだけご飯を少なくすることが大事です。若い人が好むラーメン定食やラーメンチャーハンセットが一番不適切です。

同じようにかつ丼と天ぷらそばセットなども避けた方がよいでしょう。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。

人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は一段と、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。

糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。

糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。多忙な仕事の合間に、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。

その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。

適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。

Copyright (C) 2014 糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート All Rights Reserved.