糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート

糖尿病性腎症に関連する情報を探している方でしたら、糖尿病性腎症宅配食について詳しく書いている当ウェブサイトをご覧ください。まだ一般的に認知されていない糖尿病性腎症の情報を、どんなウェブページよりも詳細に把握することができます。
ホームボタン
「緩やかな糖質制限食」を意識して食事制限

「緩やかな糖質制限食」を意識して食事制限

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を少なくすることが大事です。

糖質ばかりのラーメン定食やラーメンチャーハンセットが一番良くありません。かつ丼と天ぷらそばセットのようなものも良くありません。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。

糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当と白ごはんを少なく摂ることを、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。

普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。

一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、条件によっては低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってください。

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好な調節状態を維持することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、病気に縛られない普段の生活や実り多き時間を過ごすことです。治療法はさまざまですが、正しい指導のもと食事療法をとおして、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満足したりするからです。仕事で時間が取れなくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。

食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんが多いと思います。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられないものは何もありません。

「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを考えながら実践することが目的になります。

この食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。

人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へとつながります。

特に食後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。

白ごはんや麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。

毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性との関係について調べる新しい研究分野です。

健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、前もって生活を変えるということは難しいことです。

そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。

例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌量の変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。

その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

Copyright (C) 2014 糖尿病性腎症の方の負担を軽減する食事宅配サポート All Rights Reserved.